Pocket

お正月の次は、5月。

気候的には、お遍路日和ですね。

ここからは、ひとりで歩きます。

正確には、同行二人(どうぎょうににん)なので空海さんと二人なのですが。

 

2019年5月19日

羽田空港。
この金剛杖のために、必ず荷物の預け入れが発生ナノデス。。。

この日は移動だけで、徳島のアパホテルに宿泊。

で、天気予報を見たら…

台風並みの雨風。🌀

カッパ着て20km歩くか、
もう一泊して、全部を1日ずらすか、

うーんうーんと、悩みに悩んで….

 

「あ。電車とバス使おう。」 ←あっさり

(前回のお遍路で学んだ教訓を活かしてみました。)

 

調べたら、うまいこと、電車とバスがありまして。
バス停で知り合ったおじさんと、一緒にまわることができました。

十八番札所 恩山寺

十九番札所立江寺

 

というわけで、悪天候すぎて、
14:00ぐらいには宿に到着してしまいました。

「民宿 鶴風亭」
部屋ひろいーー。快適ーー。

さてどうしようかなと考えていたら、

宿のご主人から、
「星の岩屋に行きなさい。私が掘った不動明王がいるから。」
とナゾのお告げ。

今日は全然歩いてないから元気だし、とりあえず行ってみるか、と、
雨ニモマケズ、風ニモマケズ、最後は迷いそうになりながら、1時間後に到着。

 

・・・え?

すげーーーー。(๑°⌓°๑)

 

て、天井に彫ってある!

想定外の迫力!

 

ここら一帯のちょっと怖い雰囲気を満喫しまして、

結果、ビショビショになりました。

 

さて、ここからご主人、戎野(えびすの)さんの正体が明らかになります。

バスの運転手さんだったそうですが、

「仏像なんて掘ったことない。誰かに掘らされた。
高野山のお坊さんが、この仏像に魂を入れに来た。
川で釣りをしてたら、人が流れてきて命を救ったことがある。
みんながウチに相談しにくるが、私ではない誰かが話してる。私がやってるのではない。

あーでもない…
こーでもない…

つまり、これは、自然の摂理だ。」

 

これは・・・

宿のご主人のふりした生き神

しかも、奥さんの家庭料理も美味しい。
ご飯を食べている間も、戎野さんの講和は続く。

 

雨風吹き荒れる中、生き神様に出会ったお遍路初日の出来事でした。

 

2019年5月20日 乗り物遍路(悪天候につき)
8:30 徳島駅スタート

十八番所 恩山寺
十九番所 立江寺

14:00 宿泊先 鶴風亭 到着
星の岩屋 不動明王

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー&アーユルヴェーダカウンセラー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:info@chakrayoga-kotoha.jp