目黒区大岡山駅徒歩7分 初心者の方、カラダがかたい方でも安心 女性限定・少人数制ヨガサロン ことは

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール
Pocket

三河 祥子(みかわ しょうこ)

1972年11月14日生まれ 太陽:蠍座 月:水瓶座

IMG_6791

『健やかな日常を、そして、豊かな人生を』

 

<ヨガとアーユルヴェーダとの出会い>

モーレツに働いて、リゾートでリフレッシュを繰り返す会社員生活。
38歳のとき、日常的にカラダを動かすことがしたくて、近所のヨガスタジオへ。
カラダだけでなく気分もスッキリするのが心地よく、週末に通い出す。

もっとヨガのことを学びたいと思い、ティーチャートレーニング(養成講座)を受ける。
アーサナだけでなく、解剖学や哲学にも触れて、ますますヨガに魅かれていく。
養成講座が終わる頃には、ありがたいことに職場や近所で教える機会をもらう。

がしかし、38歳というまぁまぁの年齢になってからヨガを始めたので、やればやるほど、なんだかカラダが痛い。(笑)
どうやったら一生ヨガを続けていけるだろうかと悩んでいた頃、『アイアンガーヨガ』と『アレクサンダーテクニーク(BCMヨガ)』に出会う。
“整体のヨガ”と呼ばれるアイアンガーヨガとの出会いは、まさかの屋久島。
どちらも、自分のカラダに丁寧に向き合うヨガ。痛みは消え、カラダの構造に合った動きを学ぶ。

同じ頃、屋久島でチャクラ瞑想会に参加。
生まれて初めての瞑想で、自分の波動が上がり、自分の中にあるものが見えるという貴重な体験をする。
大事なものとの出会いは、いつも屋久島だ。(笑)

ヨガ、チャクラ、瞑想が自分の人生を生きる上でいいものだと思っていたら、「チャクラワークヨガ」なるものを発見。
思い立ったが吉日、バリに赴きティーチャートレーニングを受講。自分の生まれてきた意味、自分の使命に気づく。
これを伝えていくのも私の役目の1つと、目黒区大岡山にヨガサロンを設立。

一方で、39歳で「肺がん」を患い、40歳で「乳がん」を患う。
「死ぬかもしれない」という感覚は、「どう生きるか」にフォーカスすることになる。
結果として、ヨガや瞑想は、治療にも生かされる。
肺がんでは肺の一部を失ったが、乳がんでは手術も薬も使わずに治すことができた。(たぶん。)

ひと安心していた43歳、全く別の場所の胸のしこりを発見。ちょっと焦る。
それをきっかけに、アーユルヴェーダ医師の安藤るみ子先生と出会う。
食事法、生活習慣、そしてインド占星術まで話は及び、アーユルヴェーダって何者?と、惹かれていく。
そこから、トントン拍子にアーユルヴェーダの道が開かれていき、
1年足らずの間で、
アーユルヴェーダの本場、インドおよびスリランカでパンチャカルマ(浄化療法)を実体験し、
るみ子先生のアーユルヴェーダに通い基礎理論・実習を学ぶ。

カラダとココロを日常生活の中でクリアにしていくと、自分の進む道が開かれることを知る。

2015年に会社を退職し、現在は「ヨガ」と「旅」と「仕事」の境界線がない生活。
これが私の生きる道。

 

<私のストーリー>

誕生 父 利洋、母 美恵子の長女として誕生。
のちに弟が2人、ゆかいな3人兄弟となる。
ちなみに、祥子(しょうこ)昌平(しょうへい)昌史(しょうじ) (笑)
幼少時代 父の仕事の都合で、2〜3年ごとに転校する日々
おかげで場の適応力がつき、「誰といても、一人でいても、どこにいても大丈夫」を身につける。
16歳 何度目かの転勤が決まる。高校を転校するのが嫌で、親の反対を押し切って、一人暮らしを始める。
家事は何一つやったことなかったが、「やったことないことでも、なんとかなるもんだ」を知る。
大学時代 4回生になる直前に阪神淡路大震災を経験。
ボランティアに勤しんで就職活動に出遅れ、最終的に人事測定研究所(現リクルートマネジメントソリューションズ)に拾ってもらう。

夢にも思ってなかったが、バリバリ働くこととなる・・・。
会社員
前半
人・組織に関する営業、コンサルタントを経験。
「お客さまに価値を提供する」と「稼ぐ」の両立を学ぶ。

何も決まってないところからサービスを組み立てる経験を通じて、
やっぱり「やったことないことでもなんとかなるもんだ」を知る。
結婚→離婚。
33歳 事業や組織の課題ばかりずっと考えて、なんとなくバランスに欠ける気がしたので、GCDF(キャリアカウンセラー)資格を取得。
「目の前のたった一人と向き合う」を学ぶ。
会社員
後半
スタッフマネジャー、プロジェクトマネジャーを経験。
品質や原価の管理、委託先のマネジメントを通じて、「利益を出し続けるということ(商売)」「ものごとを進める共通の型」「人をマネジメントすること」を学ぶ。
38歳 ヨガに出会う。週末、ごきげんにスタジオに通う。
「まさかの運命の出会い」
39歳 大規模プロジェクトのプロジェクトマネジャーになった直後、肺がん発覚。
右肺の45%切除。手術後4日で退院、その2日後には仕事復帰。
40歳 ティーチャートレーニング(養成講座)でヨガを教える資格取得。
講座修了の翌日、乳がん発覚。後に、西洋医学以外の治療を選択。
屋久島でチャクラ瞑想に出会う。瞑想の意味」を知る。
41歳 屋久島でアイアンガーヨガに出会う。
東京でBodyChanceのアレクサンダーテクニークに出会う。
「理にかなったカラダの動かし方」を学ぶ。
42歳 バリでチャクラワークヨガのティーチャートレーニング(養成講座)を受ける。
「本当の願い、自分の使命」に気づく。
「本当にやりたいことに100%のエネルギーを注ぎたい」と、2015年に19年勤めた会社を退職。
世界中を旅をする生活が始まる。
44歳 再び、胸のしこりを感じたことをきっかけに、アーユルヴェーダに興味を持つ。
南インドケーララにて、パンチャカルマ(浄化療法)を受ける。
安藤るみ子アーユルヴェーダスクールにて、本格的な勉強開始。
45歳 インドと並ぶ本場スリランカにて、パンチャカルマ(浄化療法)を受ける。
いま 生まれてきた使命を感じつつ、
「ヨガ」と「旅」と「仕事」の境界線がない生活を送る日々。

<趣味、最近ハマってること>

・旅(1ヶ月単位で海外へ)
・屋久島暮らし(年に1ヶ月ぐらいは屋久島生活)
・インド、アーユルヴェーダ(趣味、学び、日常、が混ざった感じ)
・ホロスコープ(のんびり星に思いを馳せています)
・料理(発酵もの、アーユルヴェーダ料理 など)

 

<資格>

・全米ヨガアライアンス協会 RYT200修了
・ヨガワークス シニアヨガ講座修了
・チャクラワーク協会認定講師
・BODY CHANCE アレクサンダーテクニーク BodyThinkingコーチ
・安藤るみ子アーユルヴェーダスクール ベーシックコース修了

・GCDF(キャリアカウンセラー)資格

 

PAGETOP
Copyright © ヨガサロン ことは All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.