Pocket

急に風が冷たくなってきました。

生姜を大量消費する季節がやってまいりました。
食べる、飲む、薬を調合する、などなど。

さて、 2019年最後のスケジュールのご案内です。

12月のスケジュール (12/22まで)

12/22までのスケジュールを入れてあります。

予約方法など、詳しくはこちらをご確認ください。
チャクラヨガことは_ボタン1

直接、予約サイトに行きたい場合はこちら。
チャクラヨガことは_ボタン3

 

クリスマス&アーユルヴェーダ特別企画🎄
12/22(日)聖なるハーブTulsi蒸留&キールタンWS

屋久島リトリートでやってみたところ、ものすごく盛り上がったので、東京でも開催します。

☆WS概要
ハーブの蒸留を実体験し、作る過程と作ったものとの両方を楽しむ特別ワークショップです。
キールタン(歌うヨガ)を合わせて行うことで、マントラのエネルギーも体感できます。
作った蒸留水は、お持ち帰りいただけます。

①3名以上のお申し込みで開催します。(前日までに決定)
②時間:遅刻OKです。蒸留の進み具合によるので、終了時間は目安となります。
③料金:8,000円(5回チケットの方は、差額の4,000円のみ)
④定員:8名程度
⑤支払い方法・注意事項:
前払い制、現金or振込の確認後、正式申し込みとなります。
入金後にキャンセルされた場合も返金はありませんので、ご了承ください。
キャンセルの場合も、できあがった蒸留水はお送りします。

☆蒸留について
蒸留器を使って、ハーブを浸した液体を気化させ、冷やしてもう一度液体にすることを蒸留と言います。
気化→液化でハーブのエッセンスが濃縮されて出来上がったものが蒸留水(ハーブウォーター)です。
香りの立つものを材料にしますので、化粧水としても、お部屋の浄化としてもご利用いただけます。
蒸留の過程では、部屋中がハーブ香りに包まれます。
アーユルヴェーダでは鼻は「脳の入り口」と位置付けられており、香りを嗅ぐことが脳への癒し効果になります。

Tulsi(トゥルシー)について
別名Holly Basil(ホーリーバジル、聖なるハーブ)
「比類なき者」という意味を持ち、アーユルヴェーダでは特別なハーブとされています。
お茶として香りを楽しむ、煎じ薬は呼吸器系の疾患に効果がある、というだけでなく、
ヒンズー教の儀式にも使われる、まさに聖なるハーブです。

☆キールタンについて
歌うヨガと呼ばれ、マントラをメロディにのせて繰り返し唱えていきます。
使用する楽器はハルモニウムといって、パイプオルガンのような音を奏でるインドの楽器です。

今回キールタンを入れたのは、

クリスマスなので賛美歌っぽい企画がピッタリ♪

そして、

アーユルヴェーダでは、薬草を作る時にマントラを唱えることがあるから。

 

蒸留水を作りながら、静かにマントラを唱えます。

 

今年最後の”ことは”は、聖なるハーブに包まれましょう。🌿🌿🌿

すべての人にとって特別な1日となることでしょう。

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー&アーユルヴェーダカウンセラー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
『健やかな日常を そして 豊かな人生を』