Pocket

ははうえさま〜  おげんきですか〜 ♪
by 一休さん(アニメ)

 

お盆に実家に帰省した時のできごとです。

 

働きものの母。

あらゆるものを拾いまくり、漏れなくいくつかこぼしながら、忘れながら、それでも前に進むゴリゴリのVATAの母。

検査をすれば、あちこち引っかかって、薬をいくつか飲んでいるものの、自覚症状は全くない母。

一方、薬学部を卒業し、薬剤師としてウン十年働いているので、ここ数年アーユルヴェーダをやり始めた私なんかより、はるかに医学の知識・経験のある母。

 

そんな母が、今回
「お母さんも、シルクの乾布摩擦(ガルシャナ)やってみようかしら。」

 

おぉ!おかん!(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

 

ガルシャナとは
シルクの手袋やタオルを使った乾布摩擦。
スロータス(カラダのあらゆる管)をあけ、代謝を促進し、老廃物を流す効果がある。
ちなみに、私の朝はガルシャナから始まります。

 

母の問題は左の脚・足。

膝を壊したことがきっかけで、左脚・足がうまく使えなくなり、
気づけば、足の甲がずっと内出血している状態に。

病院で見てもらっても、「なんでもないですよ」と言われたらしく。

「この見た目がなんでもないって、んなアホな。」
とツッコむ母。

確かに、左の足の甲、青紫色だし。パンパンだし。( ̄◇ ̄;)

 

というわけで、親孝行の娘、祥子はAmazonでぽちっ。
(家事はやらないが、お金は出す。笑)

 

そして、ガルシャナのやり方を伝授。

毛並みと反対の方に向かって…

さするように…

シャッシャッ。

 

必死でやりすぎないようにね…(皮膚が擦れちゃうから)

続けることが大事なんで、テレビでも見ながらのんびりやってチョーダイ。

 

というわけで、母、アーユルヴェーダデビュー。

左脚・足がどうなるか乞うご期待。

正月に帰省した時、タンスの手前にいるのか奥にいるのか乞うご期待。(笑)

 

☆オマケ☆
今回の母のミラクルエピソード。

とある日の朝、

父「鍵穴になんか詰まってる!」

確かにキラキラ光るものが、鍵穴にカッチリ入っている。。。

昨日の台風かな? ←いやいやピッタリって。
イタズラかな? ←凝りすぎでしょ。

爪楊枝でとり出してみたところ…

鍵の先っ!🔑😳

母「ん?どういうこと?🤔

と、母がカバンをゴソゴソ探したところ、
頭だけになっている鍵を発見。

なぜ折れる?

そして、なぜ気づかない?

ミラクルおかん。😆✨✨

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー&アーユルヴェーダカウンセラー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail: info@chakrayoga-kotoha.jp