Pocket

久しぶりにブログを書くことができた。

気づけば令和。

 

さて、平成最後に、久々にピンチに陥りました。

もろもろ重なって、もうアカン…(@ ̄□ ̄@;) ってなりました。

 

過去のことだし、解決したので内容は割愛。

言いたいのは、自分の反応&行動の話。

 

はじめに. 「全身の緊張」と「VATAの増悪」に気づく

もうアカンがピークに達した時、

全身が、いや、細胞一つ一つが緊張しているのに気づいた。

不安とか漠然としたものではなくて、明らかに身体感覚として。

60兆の細胞全部が「やめてーーーっ」ってアラームを鳴らしている。

これに気づけたのは、アレクサンダーテクニークのおかげ。(余計な緊張に気づく特訓するから。)

 

そして、もう一つは、

アーユルヴェーダでいうところのVATAの増悪

簡単にいうと、「気」の乱れ

スーパーサイヤ人のごとく、頭に気が上昇し続ける。

首から下にエネルギーが回らなくなるから、当然、体調は悪くなる。

 

昔、めっちゃ仕事してた時も同じことが起きてたんだと思う。

でも、その時は、「しのごの言わず進める」ことしかやらなかった。

本当に、何一つ気づかなかったのだ。

 

次に. 「ただ話を聞いてもらう」という反応の変化

ふぅーーーーってなってたら何人かに、

「大丈夫?」と気にかけてもらったり、

「話聞くよー。」と声をかけてもらったりした。

 

その時の私の反応が我ながら衝撃的。

まさかの「聞いて。」

 

何がやねん、と思うかもしれないが、昔から

「人に相談してもことは変わらないし。」

「心配される方が面倒だ。」

という、ややこしいコで、

離婚する時も親に伝えたのは、届けを出す1週間前で(しかも電話)

2回のガンの病院選びも、治療方法も、全部決めてから事後報告(しかもメール)

という筋金入りだ。

 

武士か。(笑)

 

それが、いつもと違う反応をした。

状況は何も変わらないし、何のオチもないけれど、

「聞くよー」と言って、ただ聞いてくれる人がいるということに、なんだか救われた。(T ^ T)

 

さらに. 「アドバイスどおりに。」という行動の変化

昔は、こんな調子だったので、人のアドバイスなんて、自分の考えのフレーバー程度にしか聞いてなかった。

ヘタに何か言われたら議論になるか、バッサリ切るか。

 

何様やねん。(笑)

 

ところが今回は、「それは、こうして、あーしてみるのがいいと思うよ。」と、

超具体的にアドバイスしてくれる人までいた。

で、乗っかってみた。

「らしくないけど、乗っかった方が良さそうだな」と思ったのだ。

で、本当にその通りやってみた。

 

なんか、変わったな、ワタシ。( ̄▽ ̄)

 

 

そんなこんなで. 「大人の階段を登った。」気がする。

刺激に対する反応が変わると、自然と行動も変わる。

 

少し、まともな人間になってきた。

・・・気がする。

 

そして、何度でも思うのだ。

 

心身ともに健全で、風のように軽やかに生きていたい。

望みは、ただそれだけだ。

ヨガサロンことは_shoko_ギリ島1

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー&アーユルヴェーダカウンセラー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com