Pocket

 

今日は、久々にがんの本を読んだ。

『がんが消えた』 寺山心一翁
ヨガサロンことは_ガンが消えた

末期の腎臓がんの人が自然療法で、完全にガンを治した話であるが、

自分の2回のがん経験(特に2回目の乳がんの治療の時のプロセス)と、共通点が多くて、

ずっと、「そうそう」って言いながら、あっという間に読了。

・チャクラ瞑想をする
・呼吸法をする
・楽器を演奏するこで波動を直に感じる
・水に敏感になる
などなど。

中でも、一番そうそうって思ったのが、

 

「がんに愛を送るという行為」

 

愛を送るというほど、たいそうなものではなかったけれど

「がんも自分のカラダの一部なんだよなー。」

「自分で作ったんだよなー。」

と、とある時に、がんを悪いもの、取り除かなければならないもの、と思わなくなったことを思い出した。

なぜそうなったのか理由も思い出せないけど。

 

ちなみに、

最近、朝から晩まで、ずっと外出で、ずっと頭を使い、ずっと外食が続き、VATAが荒れ模様だったので、

「今日は、一歩も出るもんか!」と、ややキレ気味に、本日は引きこもり。(キレるな。笑)

ヨガサロンことは_引きこもり

 

胃腸も「もう、消化してやるもんか!」と、キレ気味の様子だったので、本日は断食。

トリカトゥ入りお白湯をチビチビと飲んで過ごす。
(トリカトゥとは、黒コショウ+長コショウ+乾燥ショウガのパウダー。消化促進。)

ヨガサロンことは_トリカトゥお白湯

 

まだ、ちゃんとお腹が空かない。

味のついたものが欲しくない。

明日も引き続き断食かなー。

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー・アーユルヴェーダカウンセラー
三河 祥子(みかわ しょうこ)
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com