Pocket

ただいまインドのケララでパンチャカルマ(浄化療法)を受けています。

24時間クリニックにいるので、食べるか、治療受けるか、寝るか。

それ以外はボーッとしてます。何かに集中することもNGなので。

なので、どうでもいいことに想いを馳せる時間がたくさんあります。

 

どうでもいい話その1(その2があるかもわかんないけど)

「悩む」ということについて

私は悩むのが苦手。

苦手というか、できないに近い。

一方、考えるのは好き。

どう考えたらいいかを考えるのも好き、なのでだいぶ好き。

 

辞書(コトバンク)によると

悩む

決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。思いわずらう。

考える

知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。
㋐判断する。結論を導き出す。
㋑予測する。予想する。想像する。
㋒意図する。

 

私にとってこの2つを大きく分けるのは、

決める行為か、決めない行為か

 

悩むのができないっていうのは、要するに、私は、

「決めない」ってことができない

のであります。

 

とっとと決めたい。

たくさん決めたい。

で、やりたいことも、やるべきことも、進めたい。進んでいたい。

マグロか?(笑)

%e3%83%a8%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af_%e5%b0%8f%e5%80%a4%e8%b3%80%e5%b3%b629

 

決められない時は、

なぜ決められないのか、

何があれば決められるのか、

を考えている。←悩むフェーズは一瞬にして考えるフェーズに移行。

 

しかも、

決めるための条件(情報)が揃わない場合は、

アジュナチャクラ(第三の目)が働いてくれるので、これまた決まる。

なんなら結論が先に来るから、後付けで考えてるぐらい。

ヨガサロンことは_shoko3

 

脳の大半が決断力でできてるのでは?と思う。

ヨガサロンことは_2018熊野27

 

決めるのが得意なのは、社会で生きていく上で概ね有効だが、

ただ1つ困るのは、相手が

「なんで決められないのかがわからない…」

「決められないことに悩むのもわからない…」

のであります。

 

決められないっていうことは理解はできる。(否定はしない)

決められないなら決めないって決めたら楽やん。(ちょっとややこしい)

つまり、

決められないことをつらそうにしているのがよくわからない…

 

ちなみに、人の気持ちがわからない、とかではないようだ。

どちらかというと、敏感で影響を受けやすい。

(不思議なことにココロよりカラダに影響を受ける。)

ヨガサロンことは_アーユルヴェーダカウセンリング01

 

「悩む」について、いい感じに取り扱えないのが私の悩みだ。(笑)

 

 

「悩む」についての、どうでもいい話でした。

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー・アーユルヴェーダカウンセラー
三河 祥子(みかわ しょうこ)
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com