Pocket

やっとこさ、パンチャカルマの本題に入ります。
なんと、2017.11.27の話。

9月にインド行きが決まったので、それまでには書き終えようね。私。(笑)

 

パンチャカルマは3つの工程に分かれています。

①プールヴァ・カルマ(前処置)
消化を促進させるとともに、施術で過剰なドーシャを座(居場所)に集めます。
②プラーダナ・カルマ(中心処置)
①で集めた過剰なドーシャを出して浄化します。
③パスチャータナ・カルマ(後処置)
滋養を与え、体力を回復させます。

今回は①プールヴァ・カルマ(前処置)について。

その人の状態やDr.の方針によって変わりますが、

私がスリランカで受けたのは、こんな施術でした。

・ハーブのスチームを吸う
・頭、肩、背中のオイルマッサージ
・ハーブボール
・ハンドマッサージ
(そして、消化を促進して、体にやさしいアーユルヴェーダ食)

VATAがあがりにあがって、
体力が消耗していた、そして、
PITTA・KAPHAまで合わせて乱れて全身じんましんだった、ので、

スチームやオイルで、血管の詰まり(特に脂分)をやわらかくし、
ハーブボールで発汗して詰まりを流す
という方針。

スチーム。これに顔を近づけて吸う。
たっくさんの薬草が入っている。
ヨガサロンことは_2017スリランカパンチャカルマ16

頭、首、肩のマッサージは、ホルモンバランスを整えるという目的だそうです。
ホルモンバランスが崩れると、ガンになりやすくなるから。と。

ハーブボール。まぁまぁの熱さでパンパン叩かれる。
ヨガサロンことは_2017スリランカパンチャカルマ17
ヨガサロンことは_2017スリランカパンチャカルマ23

Dr.Tilaniいわく、
「アーユルヴェーダでは、ガンも怖い病気じゃないのよ。みんな持ってるものだわ。」

大丈夫だからね。と優しく語りかけてくれるDr.Tilani
ヨガサロンことは_2017スリランカパンチャカルマ22

 

西洋医学は、症状や診断を細分化していくが、
アーユルヴェーダは、VATA(風)・PITTA(火)・KAHPA(水)がどう乱れているか、
原因をさぐって、バランスを取り戻す。

どっちがどうということではないが、
私は、アーユルヴェーダの考え方がとても気に入っている。

 

この施術が4日間ほど続きまして、その後はナスヤによる脳の浄化。

今まで自分がやっていたナスヤって、かわいいもんだったわ、
という本気のナスヤでした。

その話は、次回に。

 

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー・アーユルヴェーダカウンセラー
三河 祥子(みかわ しょうこ)
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com