Pocket

がん治療ブログ3ヶ月以上あいてしまってた…。

今が楽しすぎて、今書きたいことがたくさんありすぎて。

シアワセなことですな。(*˘︶˘*).。.:*♡

 

でも、過去からつながってるシアワセだからね。

 

というわけで、時を5年前に戻します。

自覚症状のない(つまり超元気な)がん患者だった私は、

術後大変なことになります。(肺がん4参照)

 

苦しい。

うまく呼吸ができない。

朝、背中が痛すぎて起き上がれない。

ちょっとした階段の上り下りでゼーハーする。

 

どうやったら肺の機能が戻るんだろう・・・?

 

「そうだ。ヨガに行こう。」

 

通ったのはここ。自由が丘ヨガスタジオGIFT

おしゃれな街、自由が丘でやたらとアットホームなこのヨガスタジオ。

肺がんが見つかる1年前から、急にヨガをしようと思い立ち、通い始めていたのでした。
(この時点で、若干、導かれてる感あり。笑)

事情を説明し「ついていけないかもしれないけど、リハビリとして通わせて欲しい」

という、私の願いを、快く受け入れてくれました。今でも感謝しています。

 

平日は仕事をし、週末に、

動きも呼吸もヨロヨロしながら、ただただヨガに通いました。

 

メキメキ回復。(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

体感ではなく、呼吸機能の検査結果で説明しましょう。(笑)

 

2012/4/23 手術直前
私の肺機能は、量111%・速さ119%と、人より少々強かったので、
右肺の半分を切除しても、大丈夫だろうという診断でした。
ヨガサロンことは_肺機能01

 

 

2012年6月 「ヨガ開始」

 

2012/8/1 術後3ヶ月
量92%・速さ100%まで回復。
ヨガサロンことは_肺機能02

 

2012/8/1 術後半年
量95%・速さ107%まで回復。
ヨガサロンことは_肺機能03

十分正常です❗️
(まぁ、まだ痛いし苦しかったけどね…)
ヨガサロンことは_肺機能04

 

術後ヨガをこつこつやり続けたことで、残りの肺がすくすくと育ってくれました。

そして、死ぬかもなー・・・とまだ思っている私の精神も

落ち着けてくれたのでした。(呼吸って精神と直結してると思った。)

 

単なる週末の趣味だったヨガが、私の人生に不可欠なものになったのでした。

 

こうして、「ヨガとは何か」ということに興味を持ち、

「ヨガの勉強がしたい」と思うようになります。

 

ここからも、自分の意思とは関係ないチカラが働きます。

ヨガの養成講座と2回目のがん(乳がん)の告知が重なります。

 

ここでは、ヨガ哲学が、私を救ってくれることになります。

「生命とは何か」「死ぬとはどういうことか」「生きるとはどういうことか」

次回に続きます。

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com