Pocket

先月、キャシー来日。

キャシーは、演劇の専門家のアレクサンダーテクニーク教師。

アレクサンダー・テクニークを学ぶ多くの人が、尊敬してやまないキャシー。

 

毎年来日しているので、キャシーのクラスに出始めて3年目。

年々、「この人、マジ魔法使い・・・」と、そのすごさにおののく。

 

最初のころは、キャシーの手にかかるとできないアーサナ(ヨガポーズ)ができるのに感動した。

しかも、アドバイスが、キャシーの死角になっている場所の使い方だったりするから、

見えてないとこまで見えてることに、衝撃を受けた。

 

で、数年経って今年。

キャシーの魔法の領域の広さにおののく。

 

以下、印象に残ったみんなのアクティビティ。
(※私の理解なので、細かいところは違ってるかも。)

ちなみに、このBODY CHANCEという学校は、自分がやりたい課題を持ち込むというスタイルの学び方です。
先生からこれをやりなさい、と言われることはありません。

 

その1.音が音楽になる🎵

ピアノで伴奏をすることになったが、この曲の指づかいがうまくいかないというアクティビティ。
最初に聴いた後、キャシーがしたアドバイスは、指の使い方ではなかった。

「伴奏の人じゃなくて、演奏の一員と思って弾いてみて。」

再び演奏。

おぉーーーーーー‼️

正確に弾こうとしていた音が音楽に変わった🎵
全然違う!(((o(*゚▽゚*)o)))

もちろん、その後で、指をラクに使う腕の使い方もアドバイス。

ヨガサロンことは_2017キャシー02  ヨガサロンことは_2017キャシー01

 

その2.教師としての正しい提案なんてない

アレクサンダー・テクニークのティーチング(教師として、実際誰かに教える)のアクティビティ。

ハンズオン(手を使った指導)が課題で…から始まったが、
「今、自分の何に気づいてる?」「何を思って、そうしたの?」とやりとりが始まって、
会話が止まったと思ったら、本人の目から大粒の涙。

「この提案であってるのかなって思って…」(T_T)
「いい提案しなきゃと思って…」(T_T)

キャシーは言う。
「教師だから正しい提案をしなきゃと思うと、固まるわ。」
「あなたは、ちゃんといろんなことが見えてるのよ。」
「生徒の願いを聞いて、見えたことから1つを選んで、ただ提案するだけよ」
「違ってたら、ちゃんと生徒さんが教えてくれるわ。」

ダバー…(꒦ິ⌑꒦ີ)

見てた私もダバー…(꒦ິ⌑꒦ີ)

 

その3.気にすべきは誤りがあるかどうかじゃない

システムの設定変更のチェック業務。
マニュアル通りにやればいいという業務でもない。
どうしたら、もっとラクにできるか、というアクティビティ。

まずは、パソコンに向っている姿勢から。

頭・脊椎の協調作用を整える。

お。どんどん伸びてる。

視界が広がったんだって。

で、キャシーは言う。
「気にすべきは設定(結果)に誤りがあるかどうかじゃないわ。いくら気にしてもわからないわよ。」
「本当に気にすべきは、自分の作業手順(プロセス)が適切かどうかよ」

すげー・・・(๑°⌓°๑)

システムの専門家でも、業務プロセスの専門家でもないのに、何が大事かわかってる。
(ちなみに、私は前職で、業務の品質管理の仕事をしていた。)

 

 

演奏、教師育成、業務プロセスって、魔法が効く領域が広すぎる。

しかも、英語→日本語に換えながら実現してるってすごすぎる。

 

何より、キャシーの指導のプロセスは、すべて愛にあふれている♡

生徒に対して。
アクティビティ(課題)の対象に対して。
そして、アクティビティを取り巻く環境に対して。
(愛にあふれてるので、生徒が来すぎて部屋からあふれる。笑)

ヨガサロンことは_2017キャシー03

 

多くの人が「キャシーみたいになりたい」と言う。

私も、キャシーみたいになりたい。

%e3%83%a8%e3%82%ac%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af_at01

ヨガサロン ことは
ヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com