Pocket

前回のがん治療のブログ(肺がん7.新たな治療法の扉(鍼治療編))から、

だいぶ間が空いてしまった・・・。

そろそろ乳がんの話をしようかなと思ってましたが、まだ肺がんのお話がありました。

 

まだ、時は5年ぐらい前。

手術をして、退院して、仕事に復帰して、手術前と同じように生活を送っていました。

生活は普通にできても、カラダの中ではずっといろんなことが起きていました。

 

よかったことは、表面の傷跡は、すぐによくなっていったこと。

メスが2つ、内視鏡のカメラが1つ、合計3箇所の傷がありましたが、
手をおろすと見えない位置にあるので、そもそもわかりづらく、
温泉や海にいっても、人目を気にする必要はありませんでした。
手術が上手な先生たちでしたね。

ヨガサロンことは_同意書03

だいたいこの辺に3箇所の傷がありますが、
今では、ほとんどわからなくなりました。
ヨガサロンことは_肺がん手術痕

 

一方、想定外の苦しいことが、いくつもありました。

 

人間のカラダというのは不思議なもので、

私は、右の喉が苦しかったのです。

特に手術で触っていない喉が。

 

息を吸うと、右の喉がつまったような感じがしました。

きなこなど、粉を食べると喉がケフッてなりました。
(大好きな信玄餅を食べるのに苦労した記憶が。笑)

湯気やスチームを吸い込んでも喉がケフッてなりました。

 

肺ではなくて、喉が反射的に閉まってしまう。

 

そして、

高いところに登ると息が苦しくなりました。

梅雨がやってくると、息が苦しくなりました。

冬がやってくると、息が苦しくなりました。

もう、ずいぶん感じなくなったけど、1年半ぐらい苦しかったっけ。

手術をしてから、一度もスキーに行ってません。
行ってみたい気はするものの、何日も寒い山の上にいられるのかいな。。。

 

 

そして、未だに続いている後遺症が。

 

右胸の皮膚感覚の麻痺

 

メスやカメラを入れると、どうしても神経に触ってしまうので、周辺が麻痺することがあるそうです。

 

手術した直後は、本当に右胸だけタオルの上から触っているみたいで、

先生に「どれぐらいで治りますか?」と聞いたところ、

さらっと、「一生残るかもしれません。」

 

「えっ?それ、先に言って欲しかった。」と、一瞬思ったっけ。

それで手術やめるとかはなかったけれど。

でも、どこにどれぐらいの後遺症が出るかは、人それぞれだから、

全部は事前に言えないよな・・・と、冷静に先生の話を聞いたのですが。

 

そして、5年経った今も、軽い麻痺は残ったまま。

もう数年、状態が変わっていないから、一生このままかも。

ヨガサロンことは_肺がん麻痺

 

こんな経験の1つ1つが、次の乳がんで手術をしないという判断につながっていくのでした。

当時は、そんなこと知る由もなかったけれど。

 

さて、そろそろ肺がん→乳がんと2つ同時に相手をすることになっていきます。

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com