Pocket

本日のアーユルヴェーダスクールのテーマは「カウンセリング」

主訴を聞いて、分析し、焦点を絞り、提案をするのですが、

アーユルヴェーダでは、子供の頃までさかのぼって体質や既往歴を確認します。

 

その中で出てきた手術の話。

「傷というものは、どんな小さな傷でも一生癒す必要がある」

 

手術をすると、

・スロータス(消化器官、血管、リンパ管など、ありとあらゆる管)が切られ、老廃物は流れなくなる。
傷口は多かれ少なかれ癒着を起こし、さらに滞りを起こす。

・どんな小さな範囲でも、臓器を取るとオージャス(生命エネルギー)の源を取ることになる。
つまり、生命エネルギーを生み出す力を減らすことになる。

だから、手術をした箇所というのは、一生かけて癒していく必要がある。
切った分、別の方法で生命エネルギーを生み出す必要がある。

手術が悪いわけではないけれど、まだガンにもなってない臓器を切るっていうのは、
こういうことだってわかっておく必要があるよね。

 

というお話でした。

 

あぁ、そうなのだ。。。

検査でひっかかったとか、がんの疑いがあるとかいう話をよく聞くのだけれど、

すぐに手術をする(した)という話を聞くと、悲しい気持ちになる。

 

自覚症状も何もないのに。

体力さえあれば、カラダには治すチカラがあるのに。

本来、空気に触れてはいけない場所なのに。

 

 

さらに、知り合いだったりすると

私が手術せずにガンを治したの知ってるはずなのに、

と、完全に余計なお世話なことまで思う。

 

西洋医学の手術や薬という選択肢も、もちろんOKだ。

それが最適な選択だということもたくさんある。

 

でも、

どれぐらいのことを考えて、その選択をしたのだろうか?

と思う。

 

・・・と、余計な心配をする日もあるわけですが、

 

私にできることは、

私のところに相談に来てくれた人に、

選択肢は1つではないということを伝えることと、

日常のケアや体質改善の方法を伝えることだ。

 

どちらも、日々勉強と実践です。

ヨガサロンことは_アーユルヴェーダベーシック1_03 ヨガサロンことは_チャイ01

 

ヨガサロンことは Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com