Pocket

アーユルヴェーダクリニックで、どんな1日をすごしていたかをご紹介します。

 

その前に。そもそもパンチャカルマとは、

アーユルヴェーダにおけるカラダとココロの浄化療法です。

様々な治療法がありますが、施術だけでなく食事や生活の仕方まで含めての治療です。

 

診察(脈診・問診)

治療方針を決めるために、最初に診察が行われます。

大事なのは脈診です。3人の先生が入れ替わり立ち替わり、脈診してくれました。(笑)

そして、問診。

病歴(2回のガン)のことも聞かれましたが、体質や日常についてたくさん聞かれました。

冷える?汗はかく?食べ物は何が好き?何が嫌い?便通は?睡眠は?…

アーユルヴェーダは「いいものを摂取すること&悪いものを出すこと」を非常に大事にしているので、

食欲・便通・睡眠について、毎日記録をつけていました。(便の回数だけでなく質まで。)

 

診断結果ですが、自分でもそうかなと思っていましたが、

「ほぼVata。少しだけKapha。Pittaはほとんどない。」

(この性質については、もうちょい勉強してからいつか書きます。)

 

というわけで、過剰になりがちなVataを抑える治療となりました。

ちなみに、一緒だった貴ちゃんはPitta。

違いがはっきりわかったのも、すごくよかったです。

 

1日の過ごし方

5:00 起床(お寺のお経の爆音で絶対起きる。笑)
6:00 朝のお薬
7:30 貴ちゃん施術
9:00 朝ごはん
10:00 自由時間
13:00 昼ごはん
14:00 自由時間
16:30 私の施術
18:00 夜のお薬
19:00 夜ごはん
20:00 寝る前のお薬
21:00 シャワー・就寝

 

施術

15日間施術を受けましたが、私は、

○アヴィヤンガ(全身のオイルマッサージ)

シロダーラ(額にオイルを垂らす脳のトリートメント)

ローカルキリ(油で熱したハーブボールでのマッサージ)

ナスヤオイル(オイルを鼻から入れて口から出す)

目薬(目の充血がなくなる)

がメインでした。

 

ベッドは木製です。慣れるまでは関節があたって痛い。>_<

ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック27 ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック17

タオルなどというものはなく、紙ふんどし1枚のみ。
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック36

 

オイルは、もちろんVata用オイル。

そしてハーブボールは腰から下が冷えやすい私だけの施術でした。

油で熱した、っていうか、もはや炒めた?熱々のハーブボールで

バシバシ!バシバシ!バシバシ!、力強くしばかれました。(笑)

3日もすると、オイルと薬草でこんな真っ黒に。
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック18

 

ナスヤオイルは脳までスッキリします。

そして、目薬は、この目ヂカラどおりの痛さ。

初日、あまりの痛さに雄叫びをあげました。( >д<)←人によります。
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック24 ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック15

 

セラピストは、SARITHAちゃん。

小柄なのに、美人さんなのに、すごい腕っぷしです。
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック33  ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック21

 

アーユルヴェーダのオイルは、

皮膚から体内に入り老廃物を吸着して出すというものなので、

石鹸で洗うと、効果がなくなってしまうのです。

オイルを取り過ぎないために、なんと「ひよこ豆」で洗います。
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック32

 

最後に、ビンディとアイラインを入れてもらって、インドの女性になった気分❤️
ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック26 ヨガサロンことは_アーユルヴェーダクリニック10

 

さて、
カラダの反応やら、食事やら、自由時間の過ごし方やら、
まだまだ書きたいことがあるのですが、
長くなってきたので、今回はこの辺で。

いつ終わるんだ?この南インドブログ。(笑)

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com