Pocket

目が覚めたら、まだ手術室のベッドの上でした。

人工呼吸器が外されて、最初に聞こえたのは先生の声。

「終わったよ。わかる?がんだったから、全部取ったよ。取った肺見る?」

「見ます。」←即答

 

タッパーみたいなプラスチックの入れ物からでてきたのは、

ピン球ぐらいの病変とペットボトルぐらいの下葉部。

ホルマリンにつけたので茶色くなってたけど、本来はピンク色らしい。

 

ちょっとボーっとしてたけど、意識はちゃんとしていたので「これが私の肺かー・・・」と思ったのでした。

(後からすごいなってことに気づくのですが、3センチぐらい切っただけで、そこからペットボトルサイズの肺を取っていた。)

 

で、後処理が終わって、病室に運ばれるころ、

「あれ?」

「お腹の下の方が、なんか動いてる。」

と思った瞬間、お腹に激痛が走る。( ✧Д✧)

 

「子宮だ」

 

生理の直前だったからだと思うのですが、

一定間隔で収縮するのがわかり、

無理無理無理無理ーーー!っていう痛み。

陣痛と同じか?←経験ないけど。

 

肺は痛くもかゆくもなかったけど(麻酔が効いていただろうし)、

手術後、最初に感じたカラダの感覚は「子宮」でした。

なんだったんだろう。今でもナゾです。

 

さて、手術当日の夜は、高熱がでました。(普通そうなる)

管だらけで、意識は朦朧としているのに、

全身が痛くなってきて、ほとんど眠れませんでした。

 

翌朝。

とにかく痛い。

特に背中が痛くて、自力では起き上がれませんでした。

でも、もう自分で歩かされます。肺炎予防だそうです。

硬膜外麻酔、ドレーン、尿バッグ、点滴、いろいろついてたものが外され、ゼーハー言いながら毎日検査室へ。

 

めちゃめちゃ痛いし、呼吸もめちゃめちゃ苦しいけど、

日に日に回復していくのがわかりました。

自力で起きれるようになり、普通のご飯が食べれるようになり、普通に話せるようになり。

全部で2週間の入院でしたが、手術後は最短の4日で無事退院となりました。

人間のカラダってすごい。

 

主治医の先生から、「なるべく普通に生活したほうが、回復が早いですよ。」と言われ、

そういうもんなのね、と素直に受け入れました。(←後に、大きな勘違いをするのですが。)

 

ちなみに、手術直後のレントゲン写真。

右肺下葉部(右肺の45%)を切除し、その部分が真っ白ですが、

半年?1年?ぐらいで残りの肺が膨らんで降りてきました。

人間のカラダって、すごいでしょ!(° ꈊ °)

ヨガサロンことは_肺01

 

 

2012年5月6日(日)退院。

うまく呼吸ができず、激しい痛みを抱えた状態で、24時間体制で守られた空間からシャバに出ました。

外に出るのが怖かったっけ。

 

そして、肺がんとの本当の闘いは、ここからが本番でした。

いや、肺がんと闘ったわけではないかな。

そんなに何と闘ってたんだろう・・・?

 

退院後2年ぐらい、自分が自分だった感じがしない。

 

私は、ものすごく怒って、無意識に自分の何かを大きく変えたのでした。

そして、この頃、ヨガとの本当の出会いもすることになったのです。

 

人生はよくできているね。

 

続きは、インドから戻ってきてから。

お楽しみに♪

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com