Pocket

さて、そろそろ書き始めようかな。

2012年〜現在の「がんという病気とその治療について」

 

いつか書こうと思っていた。

最初に見つかってから5年が経つから、よいタイミングだ。

 

「無事に5年経って、年季があけました!」と高らかに宣言できるかな、と思いきや、

今週、久々に病院で検査したら、そうは問屋がおろさなかった。(。-_-。)ヤレヤレ

あ、でも、やることはわかっているので心配ないけど。

 

というわけで、現在進行形のガン治療の話を書き始めます。

 

5年前から現在に追いつくまでどれだけかかるか、わからないけれど。

 

本日は概要。←ちょいちょいコンサルタントが出るね。(笑)

 

<概要>
5年前に肺がん、4年前に乳がんになる。

がん家系でもなく、タバコも吸ったことなく、肺がんの原因は不明。

2回目の乳がんも、転移でもなく、たまたま2年連続、またもや原因は不明。

肺がんは当時何の知識もなかったため手術をしたが、乳がんは西洋医学以外の方法(鍼治療&AWG低周波治療)を選択。

この選択は成功。ほぼ見えないぐらいまで小さくなり安定。

後から振り返るに「神様のお知らせだったんだなー」と気づく。

西洋医学でも治せるがんがあることを。

お知らせに気づけば、よくなるもんだと。

 

<そして、2016年>

・・・で、もう大丈夫かなと、治療のない生活にしようかなと思っていたところ、

去年の5月に、今度は右胸にしこりを感じたのです。(ブログ:不安をいい塩梅にかかえて

鍼治療はやっぱり継続することにし、

アーユルヴェーダの先生とも出会うことになりました。

 

そして、トントン拍子にアーユルヴェーダ治療を本場のインドで受けることに。

その前に、しこりも少しよくなってきたけれど、一応、乳房エコー検査はしておくかと、今週、2つ病院に行ったところ…

A病院(西洋医学中心)の先生
「石灰化も見えるし、初期の乳がんの可能性もあります。元の病院で検査してもらった方がいいでしょう。」

B病院(アーユルヴェーダ的治療も行う)の先生
「乳腺症じゃない?大きくなってないなら、しばらく様子みたら?」

と、異なる診断が。

うーん。真っ白ではなかったかー。(。-_-。)ヤレヤレ

 

どっちが正解でなくて、たぶん、どっちも正解。

はっきりわかるもの以外は、ここからがんっていう明確な線はないからね。

 

そして、今回もお知らせかな、と思っている。

「カラダに意識を向けるのを、またサボってんちゃうか〜」っていうお知らせと

「アーユルヴェーダやる時が来たで〜」っていうお知らせ。

というのが私のヨミ。

 

にしても、もうちょい、やさしめのお知らせでいいのに。。。

毎回がんの疑いでなくても。。。( ̄ー ̄)

 

さて、次は、5年前、最初にガンが発覚したきっかけを書こうと思います。

お楽しみに。

ヨガサロンことは_七色音ヨガ03

 

<参考:2回のがんの年表>
肺がん
2012年1月 CT検査で右肺の下葉部に11ミリの肺腺癌が見つかる
2012年5月 胸腔鏡手術により、右肺の下葉部を摘出(右肺の45%を切除)
2012年9月 再発ケアのため鍼治療開始。初回の触診で「左の腋窩リンパがあやしい」と言われる。
乳がん
2013年1月 人間ドックのマンモグラフィ検査で左胸に4ミリの乳がんが見つかる。
2013年2〜3月 ヨガのインストラクター資格を取得(←後々、関係してくる)
2013年5月 近藤誠先生のセカンドオピニオンで「がんもどき」と言われる
2013年8月 屋久島にてAWG低周波治療と出会う
鍼と低周波治療で、しばらく治療することを決断
2014年1月 屋久島にてチャクラ瞑想と出会う(←後々、関係してくる)
2014年6月 マンモグラフィの結果、1.5ミリまで小さくなって安定。
2014年9月 鍼と低周波治療の効果ありと判断し被爆して次のガンを発症するリスクを考え検査を止めることに。
現在に至る。

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com