Pocket

「自分が削られていく感じがする。」

 

先日、私の会社員時代をよく知る人と、女性活躍とか組織マネジメントの話になった。

「部長が男性ばっかりも変だけど、そもそも女性やりたがらないよね。マネジャーぐらいまではやってもいいかなって思うけど。」

「女性は仕事以外にも人生の楽しみたくさん見つけるからなー。子育てとか、趣味とか。仕事に対する人生のウェイトが男性より低い気がする。」

みたいな話になり、自分がマネジャーやってた時のことを思い出した。

 

(ここから、話は変わります。)

 

優秀なマネジャーではなかったが、普通にはやっていたと思う。

それなりに大変な組織やプロジェクトを担っていたと思う。

 

そんな中、強烈に抵抗することがあった。

「マネジャーなんだから、もっと◯◯したほうがいいよ」

「責任者なんだから、△△は控えた方がいいよ。」

みたいなことを言われると、ムキッ(๑•̆૩•̆)ってなってた。

 

毎回ではない。

納得いかないと、ムキッ(๑•̆૩•̆)ってなってた。

対して難しいことでも、時間のかかることでもなかったとしてもだ。

さらに「あなたの成長のため」みたいな感じで言われると、抵抗に拍車がかかった。

「そっち方面での成長、望んでないわい!ムキッ(๑•̆૩•̆)」

 

素直に言うこと聞いたらスムーズに事が進むのにと、

自分でも思っていたが、全細胞が嫌だと言う。

 

なんだか

「自分が自分でなくなる」

「自分が削られていく」

感じがしてた。

 

組織人としては、全然あかんやん。ʅ(´-ω-`)ʃ

19年もようやってたな。

会社の器が大きかったと言えるでしょう。( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

こんな私ではありますが、今は

細胞が抵抗することを知っているわけだし、

行動の選択肢はゼロかイチかの2者択一ではないことを知っているわけだし、

ヨガや瞑想で自分を調律する方法を知っているので、

今なら、もうちょいスムーズにやれるかもね。

 

IMG_2130

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com