Pocket

何を書こうかなーと考えている間に、第5チャクラは今週末で終わり。アワワ。(^◇^;)

 

第5ヴィシュッダチャクラ「聴覚」に関連すると言われています。

 

今回は、私のピッチ(音の高さ)がズレているという話。

 

気づいたのは、30歳ぐらいのころ。

ピアノを弾いていて、あれ?あれれ?

「”ド”の音が、”ド”と”レ”の間に聴こえる、しかも”レ”寄りに聴こえる」

で、そのまま時は経つ。

何年経っても、ズレは治らない。

全部が相対的にズレているので、音楽だけを聴く分には支障がないけど、

楽譜(視覚)と実際の音(聴覚)、鍵盤(視覚)と実際の音(聴覚)は、ズレるので、きもち悪い。

 

で、自分の耳の調律を試みました。

440Hz(国際基準)の音はこれだよー、と何度も鳴らして。

%e3%83%a8%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af_%e9%9f%b3%e6%84%9f440

 

でも、ちょっとやって、我にかえりました。

「別にズレてても困らんがな。私、音楽家ちゃうし。」

 

しかも、調べるとオーケストラでは442Hzや444Hzが使われるとか、

イタリアは432Hzだとか、べートーヴェンのころは433Hzだったとか。

「専門家でもいろいろだったら、ますます、どっちでもええやん。」

 

というわけで、440Hzに耳を調律することを、とっとと止めたのでした。

 

こういうことって、他にもあると思う。

本当はどっちでもいいことを、世の中の基準に合わせようとすることが。

 

自分にとって、本当に大事なこと、本当にやりたいことの中で、

ズレがある場合は調律が必要だけど、

そうでもなければ、直しても直さんでもどっちでもいいのだ。

 

というわけで、ズレたまま10数年。

視覚と聴覚のズレは気持ち悪いけどね。

最近、ハルモニウム弾くしね。

でも、そのズレにも慣れてきた♪( ̄▽ ̄)

 

この投稿を書くにあたって、じゃあ何Hzで視覚と聴覚がしっくりくるのか真面目に実験してみたところ・・・

なんと、427Hz。

%e3%83%a8%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%af_%e9%9f%b3%e6%84%9f427

マジか。ズレすぎちゃうか。。。ヾ( ̄ー ̄;)

中央あたりだと、430Hzぐらいでしっくりくるけど、

両端に慣ればなるほど、427Hzまでズレてくる。

いったい、私の耳は何が起きてるんだろう・・・。

このまま、ズレ続けていくのだろうか・・・。

 

ま、ズレたままでもええやん。( ̄▽ ̄)


————————

チャクラヨガ(第5)
9/17(土)14:00〜
9/18(日)14:00〜

特別クラスチャクラヨガ総集編_前半(第1〜4)
9/19(月・祝)14:00〜16:30

————————

 

途中が抜けてても、初めてのご参加でも大丈夫です。
ご予約をお待ちしてます♡

チャクラヨガことは_ボタン(チャクラヨガ) チャクラヨガことは_ボタン3

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com