Pocket

首都メキシコシティの次は、カンクンを訪れました。

巨大リゾートカンクン。

といっても、友人夫婦にお世話になってたので、リゾートはチラ見だったけど。

藍子ちゃんとグスタボ君夫婦。
我ながらええ写真やわ♡
ヨガサロンことは_カンクン02

 

カンクンの目玉は、「チチェンイッツア遺跡」

メキシコシティでも思ったが、マヤの暦を読む技術はすごい。

この有名なエルカスティージョは、ハアブ暦(365日)とツォルキン暦(260日)とを表しています。

ヨガサロンことは_カンクン01

ハアブ暦(365日)は、作物を育てるために使い、

ツォルキン暦(260日)は、宗教的綺麗のために使っていた。

現実とあちらの世界を、目に見える形でつないでいるのもすごい。

私自身も、こうありたいと思った。

 

また、「どう死ぬか」がとても重要だったマヤ文明。

生贄になるというのは、もっとも名誉な死に方だったらしい。

祥子の”祥”って生贄っぽいけど、これはなりたくない。(笑)

 

あと有名なのが、セノーテ(聖なる泉)

雨水が石灰岩を侵食してできる洞窟で、ユカタン半島に7000ぐらいあるとか?

ものすごく水が美しく、入るとスッキリ!シャッキリ!

ヨガサロンことは_カンクン12

 

 

他にも、たくさんの場所に連れて行ってもらいました。

すごい文明があり、美しい水があり、空も海もきれいなカンクン。

一方で、ちょっと歩くと麻薬の香りのするカンクン。

なかなか刺激的な初メキシコでした。

次は、フロリダへ飛びまーす。

 

2016年冬 宇宙の旅_メキシコシティ

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com