Pocket

先日のブログで、音叉の説明はまた今度って書いたので、

その音叉のお話。(先日のブログ:不安をいい塩梅に抱えて

 

私は音叉がめっちゃ好きである。

そして、たぶん、使い方がうまい。

 

音叉と私は、相性がいいんだと思う。

ヨガサロンことは_音叉5
これらを、使い分けている。

 

今日は基本中の基本、528Hzについて。

最初の一本なら、これ。

ヨガサロンことは_音叉6

528Hzは、「傷ついたDNAを修復する奇跡の周波数」と呼ばれる。

 

528Hzのよさは「バランス」だと思う。

・エネルギー、オーラ

・ココロ

・カラダ

全部を、バランスよく調整してくれる。

周波数の低い音叉はカラダによく効くし、

周波数の高い音叉は、あちらの世界に行きそうになる。(笑)

その点、528Hzは、目に見えない波動の調整もするし、

ココロも落ち着くし、肩こりや目の疲れがやわらいだりする。

寝る前にあてれば、ぐっすり眠れる。

ちょいちょい、持ったまま気を失ってる。(笑)

528Hzだけは、旅にも必ず持って行く。

ヨガサロンことは_音叉7
こんな感じで、セルフヒーリングできる。

 

私が、ヒーリング音叉に出会ったのは屋久島だけど、

(大事なものは、いつも屋久島で出会う)

ちゃんと教わったのは、自由が丘。←ちかっ!(笑)

音叉ヒーリングアカデミーの福井健太郎先生。

健太郎先生との出会いは、アレクサンダーテクニーク。

先生・・・っつうか、いろんなつきあいがありすぎて、

もはや、いとこぐらいの近さだけど。

音叉ヒーリングアカデミー

 

そんなこんなで、私のヨガクラスでは必ず音叉が登場。

いい仕事するんだな〜。音叉が。

どんな風に使っているか、詳しくは、また今度♪

 

チャクラヨガことは_ボタン2  チャクラヨガことは_ボタン1  チャクラヨガことは_ボタン3

 

ヨガサロン ことは
チャクラヨガティーチャー Shoko
HP:http://chakrayoga-kotoha.jp
mail:chakrayoga.kotoha@gmail.com